海外旅行・海外移住のための英語サイト活用法

英語サイトのWEBサービスを使うメリットは①日本語サイトのWEBサービスより値段が安い②日本にはないサービスが使える。です。このブログの左サイドにまとめています。

STAP論文に他論文と酷似箇所? その論文を探してみる

2014.03.02 (Sun)
日本人の女性研究者、小保方晴子さんをリーダーとして発見されたSTAP細胞は、再生医療を進化させるものだと非常に注目された研究でした。


小保方晴子さんはかっぽう着を着たかわいい研究者としても注目を集めましたね。

ところが、読売新聞がSTAP細胞論文に他論文と酷似箇所があると報じています。

以下引用です。出典はこちら



新しい万能細胞「STAP(スタップ)細胞」について、理化学研究所などが1月に英科学誌ネイチャーで発表した2本の論文のうちの1本で、実験方法を記した文章の一部が、2005年に発表された別の論文とほぼ同じであることが1日、わかった。

 理研は「似ているという指摘は、把握している」と話している。

 小保方晴子・理研ユニットリーダー(30)が筆頭著者の2本の論文では、他にも取り違えや加工が疑われる画像が見つかっており、理研が調査を進めている。

 問題の文章は、STAP細胞から作った幹細胞が正常に増殖するかを調べた実験に関する、17行分の英文。ドイツの研究者らが専門誌で発表した論文の、胚性幹細胞(ES細胞)で実験をした時の手順の記述と、ほぼ同一だった。温度などの数字や、実験で使ったとする顕微鏡、カメラの種類も同じで、他の論文からの引用を示す記載もなかった。




さて、酷似しているという論文はどれでしょうか。英語論文検索サイトQuestiaで探してみましょう。

Save 20% on any Questia subscription

使い方はこちらの記事です。

さて、記事によると、STAP論文が酷似しているという論文は2005年に発表された、ES細胞(ES CELL)の論文だそうなので、これをヒントに検索してみます。

Questiaのサイトに入り、検索窓に”ES CELL”と入力して検索します。

関連文献が600以上あるので、もう少し絞り込みます
stap1.png

2005年発表ということなので2005年中に出版された文献を調べます。
stap2.png

すると、このように絞り込まれました。でてきた文献を見ると、ドイツ人ぽい人の名前の論文があったのでこれかもしれません。専門家でないのでわかりませんが。。
STAP3.png

先日は名古屋外国語大学の教授の論文盗用が問題となりましたが、英語での論文となると、盗用や剽窃は、日本ではなかなかわかりにくいものです。

英語で論文を書く研究者や学者の方などは、盗用や剽窃をしていないかどうか神経質になるかもしれませんが、それをチェックしてくれるサイトがあります。

英語の文章の修正サイトGrammarlyは、英語の文法や語法のチェックをしてくれるだけでなく、盗用や剽窃をしていないかどうかまでチェックしてくれます。英語で論文を書く必要のある方には便利なサイトですね。

Grammarlyについてはこちらの記事に使い方をまとめています。
Related Entries

コメント


管理者のみに表示

トラックバック