海外旅行・海外移住のための英語サイト活用法

英語サイトのWEBサービスを使うメリットは①日本語サイトのWEBサービスより値段が安い②日本にはないサービスが使える。です。このブログの左サイドにまとめています。

子育てを英語で!英語育児サイトABCマウスのデモ動画

2014.01.29 (Wed)
小学校で英語が必修化されて、3年ほどたちましたが、大変だとか物足りないとか受け取り方もさまざまでしょう。

私個人の意見としては、「遅すぎ」というのが率直な意見で、そして、日本人が英語を教えるのかあとも思っています。

今の小学生以下の子供たちが社会の中心になる20年から30年後の日本はどういう世界かというと

・国民の3割が65歳以上で、もっとも人口の多い層が団塊ジュニアの世代で、若くなればなるほど人口が少なくなっていくという、きれいな逆ピラミッドになっている。

→ もっとも消費が活発な世代が少なく経済は停滞する。したがって、国内だけのお客さんを相手にする仕事というのはどんどん減っていく。お年寄り向けの仕事はどんどん増えていきますが、3Kといわれる介護の仕事に、自分の子供をつかせたいですか?

さらに、介護保険や健康保険などの社会保障費が今よりも増えているが、今の子供たちが負担していかなくてはならない。

・海外のお客さんを相手とする仕事が増えるので、海外で仕事をする機会が圧倒的に増える。

→お客さんや生産場所をもとめて、企業はどんどん海外に進出しています。ところがアジアをはじめ、新興国で働く若者は日本人より低賃金なのに、英語ができるのは当たり前、プラスなんらかのスキルを持っています。こういう人たちと競争していかなければならないのです。

要するに、今の子供たちは、英語ができなかったら、大半の人がお年寄り相手の仕事につくことになりますよ。ということです。

もうひとつ私が思うことは、小学校で日本人が英語を教えることのあやうさについて。日本人は英語の読解は得意ですが、会話は苦手な人が多いです。その原因の大きな理由は日本人の英語の発音の悪さ

小さいうちに、そして耳がわかいうちに、本当の英語の発音に親しんでおくことは、のちのち本当に役に立ちます。

とはいえ、幼児向け、子供向けの英語ってどうしたらいいんだとお悩みの方も多いと思います。

私は、アメリカ人が使っている、英語の育児サイトABCmouseが値段もお手頃で取り組みやすいと思います。アメリカで育児に使われているサイトですので、正しい発音が身に付きます。

デモの動画がありますので、ご紹介します。ご関心のある方はご覧ください。



ABCマウスについて、詳しい説明が知りたい方は下の記事をご覧ください。
アメリカ人が子育てに使っている英語育児サイトABCmouse

また、つぎの記事では、実際にアメリカ人の子供がABCmouseを利用している動画を紹介してます。
アメリカ人の子供が英語学習サイトABCmouseをしている動画

ABC mouse
↓をクリック
ABCmouse.com - Over 3,000 Educational Activities - First Month Free - Click here!
Related Entries

コメント


管理者のみに表示

トラックバック